このエントリーをはてなブックマークに追加 k8sで環境立ち上がらない時のログ見る順番

k8sで環境立ち上がらない時のログ見る順番

image

k8sでKustomize使ってレイヤわけて環境いくつか作ったりしてる際にトラブった時のメモ

調べる順番

  • レプリカセットの詳細を表示
    • kubectl describe rs/hoge
  • Podの詳細を表示
    • kubectl describe pod/hoge
  • Podのログを表示
    • kubectl logs pod/hoge
  • Pod内に入ってシェルであれこれ調べる
    • kubectl exec -it pod/hoge -n=fuga -- sh

hoge には各リソースの名前が入るので、 kubectl get replicaset などで目的のリソース名を調べてから実施する。

普通Linuxとか弄ってるとOSやミドルウェアの各種ログを直接見に行くけど、k8sだとPodのログがかなり詳細なので、まずそっち見たほうが早いということがわかった。

k8s全然わからん。